スタッドレスタイヤのインチダウンのメリット/デメリットがあります!


スタッドレス 乗り心地が向上し、経済的になるのがインチダウンのメリットです。
スタッドレスタイヤは、夏タイヤと比較して高価になりがちです。
インチダウンしてスタッドレスタイヤを経済的に手に入れましょう!


そもそもインチダウンとは何か?

タイヤ外径をそのままで、ホイールのサイズを小さくします。
比較
このインチ数が下がると、タイヤの値段も下がります。
そういったことをして、スタッドレスタイヤの値段を抑える事もできます。
但し、 インチダウンはブレーキに当たって不可能な場合もありますので注意が必要です。
(ブレーキローター、キャリパーなどの部品に干渉等により。)


ではインチダウンのメリットをまとめました


タイヤの価格が安くなる
基本としてタイヤのサイズ(インチ)が小さくなるとタイヤの価格は安くなります。
細さや扁平率も関係してくるのですが、市場に出回っている数が多い(メジャーなサイズの)タイヤほど安く入手出来ますよ。
乗り心地がマイルドになる
タイヤの厚みが増す(扁平率が上がる)ため、タイヤのクッション性が大きくなり乗り心地がふわふわとマイルドになります。
段差を乗り上げた時などに特にその差を感じると思います。
また、路肩の硬い雪や氷に乗り上げた時にはホイール・タイヤへのダメージも少なくなります。
接地圧が上がる
タイヤをインチダウンするとタイヤの幅が小さくなり、車の重さが一点に集中するため雪面への接地圧があがります。
これにより滑りにくくなるというメリットがあります。
ハンドリングが軽くなる
上記同様にインチダウンするとタイヤの幅が小さくなることにともなって接地面積が減るためハンドルを切るときに軽く感じます。
ホイールとタイヤの重量がインチダウンによって軽くなる場合は特にその恩恵を感じやすくなります。
いわゆるバネ下重量の軽減ということですね。 轍(わだち)にハンドルが取られにくくなる 道路上に固く踏みしめられた轍がある場合、太いタイヤだと轍からはみ出してうまく走れないことがあります。
その点、インチダウンして幅が小さいタイヤのほうが有利に走れるといえます。 また、扁平率の高いインチダウンしたタイヤだと硬い轍のうえのデコボコしている路面でも走りやすくなります。

インチダウンによるデメリットとは

・偏平率が高くなりタイヤ幅も狭くなるため、見た目が大人しく感じられます
・夏タイヤよりも柔らかい合成ゴムでできているスタッドレスタイヤは、インチダウンによってタイヤが細くなると、横方向によれ易くなってしまいます
・アイスバーンなどでは、インチダウンの影響で接地面積が減ることで、グリップ性能が落ちてしまいます

インチダウン時の注意点は??

インチダウンはサイズが小さくなれば何でも良いというわけではありません。

タイヤの外径は変わらないこと
これが前提となります。
タイヤの外径が大きく変わると、車体にタイヤが干渉してしまったり、スピードメーターに狂いが生じます。
これらの影響が大きい場合車検が通らないこともありますので注意してください。

ホイールサイズが取付可能か
車種やグレードによりインチを落とすことができるホイールサイズは異なります。
ホイールが小さくなるとホイールの内側にあるブレーキに関わる部品(キャリパーなど)に干渉してしまうことがあります。
注意点:最近の乗用車では、四輪ともドラムブレーキとなっているものはなくなり、フロントだけはディスクブレーキになっています。 大衆車や軽自動車、廉価モデルなどではそれほどストッピングパワーもいらないのでディスクローターが小型のものが使われていますが、スポーツモデルや重量級の車、それなりにパワーのあるモデルではストッピングパワーを高めるためにディスクローターの径を大きくし、ディスクキャリパーも2ポッドや対向ピストンなどを採用し、ディスクブレーキ全体のサイズが大きくなっています。 ディスクブレーキはホイールの内側に収まる形で付けられているので、ディスクブレーキ全体のサイズより小さな空間を持つホイールはつけられないことになります。 要するにインチダウンには構造的に制限があるということで、違った意味でホイールサイズに気をかけて上げなければいけないということです。

ロードインデックスが下がらないか
タイヤにはロードインデックスという、耐えられる荷重の制限があります。
車によって必要なロードインデックスが定められており、これを下回るものは車検の時に通らないことがあります。
基本的には純正タイヤのロードインデックスより大きい物を装着すれば問題ありません。
ここも要注意です。

まずは、ご自分のお車の純正タイヤサイズを調べてください?


運転席ドア付近 給油付近 給油付近
インチダウンの目安としては運転席側のドアをあけたところ、または給油口開けたところに、指定空気圧のステッカーが貼ってあります。
(※注1)現車両に履いているタイヤもOK
そこに載っているサイズであれば、インチダウンは可能です。ステッカーに載っていない場合でも、他グレードとブレーキキャリパーが同じであれば、そのサイズへのインチダウンは可能です。
(※注1)中古車などで購入の場合は、前のオーナーがタイヤサイズを変更している場合もございますので気を付けてください

普通乗用車用タイヤサイズ変更 早見表にてタイヤサイズを入力


参考サイトは、タイヤサイズ.NET様にてお調べください


どのくらい価格が違うか調べてみました。
例えば、205/55R16を一番売れているサイズ 195/65R15にインチダウンする場合(タイヤのみ1本)
・ブリヂストン BLIZZAK VRX2 28,540円 ⇒ 17,100円 (-11,440円)・・・インチダウン後の差額は45,760円
・YOKOHAMA iceGUARD 6 22,300円 ⇒ 13,5000円 (-8,800円)・・・インチダウン後の差額は35,200円
・ダンロップ WINTER MAXX01 14,200円 ⇒ 8,600円 (-5,600円)・・・インチダウン後の差額は22,400円
※楽天市場の送料込価格です。実際の購入時は別にホイールと取り付け料金がかかります。
 インチダウンについて
インチダウンする事によって1台分で2〜4万円くらいお安くなります。
ただし、全ての車種でインチダウンできるわけではありませんのでお気を付け下さい。
サイズ変更とは?
インチを変えずにタイヤ外径がほぼ同じくなるサイズに変更する事です。

純正ホイールを使用する場合でも問題ございません。
一般的な変更例
サイズ変更する事によって1台分で1〜2万円くらいお安くなります。
●195/65R14→185/70R14      ●185/60R14→175/65R14
●195/60R14→185/70R14      ●205/60R15→195/65R15
●215/60R15→205/65R15      ●205/50R15→195/55R15
●215/60R16→205/65R16      ●225/60R16→205/55R16

△ページトップへ戻る